遊園都市群

KTM250XC-W TPIを購入して1年たった感想

前回は重めの内容でしたが今回から通常営業です。

こうやって文章を書くのもリハビリみたいなものなので(笑)

 

250XC-W TPIを購入して1年がたったのですが、これから購入を考えている方に向けていろいろ書いていこうと思います。お付き合いください。

さて、XC-W を購入してから大体7戦ほどレースに出て、ツーリングや高速道路も走ったりしたので写真に出しながら書いていきます。

〇ツーリング使い

まず、ツーリング使いについてです。

結論から言います。気合があれば1日200Km超えのツーリングはいけます(気合があれば・・・)

タイヤは前はShinkoのFAT TIRE・リアはIRC VE33を使用しています。

下道ツーリングですが、下道の速度域なら問題なく出せます。ただ問題なのは速度60㎞/h以下 あたりだとTPIエンジンではドギマギするというか・・・気持ちよくはないですね・・・。

僕は大阪に来てからツーリングクラブのようなものに参加してツーリングに参加しているのですが、XC-W で一番遠いところまで行ったのが大阪高槻から岡山日生です。大体往復400㎞程になります。

道路は加古川バイパスと高速道路を使いましたが・・・高速道路走行はお勧めしません!できますが死にます・・・ 

XC-Wですが、タイヤがブロックなのと車体の軽さもあり、高速になればなるほど路面との設置感がなくなります。正直危険なのであまりやらないほうがいいと思います。

f:id:h100424:20210415224937j:imagef:id:h100424:20210415224940j:image

f:id:h100424:20210415225944j:imagef:id:h100424:20210415225948j:imagef:id:h100424:20210415230535j:image

まぁ、これから購入を考えている方でツーリングも視野に入れているならモタードタイヤを買うか気合でツーリングに参加するしかないと思います(笑)

林道ツーリングは間違いなく楽しいので大丈夫です!

スーパー林道や香川のディープなところなど、色々いきましたが最高でした!

 

エンデューロレース

さて、得意分野のオフロードです。

年間で7戦出場しましたが、回数を追うごとに慣れてきて楽しくなっていきました。

で、やっぱりサスペンションがいいんですよ‼ どんな路面でも下手な自分が難なく超えることができる!本当にいいサスペンションをしています。でもって、エンジンのトルクもあり基本的な難所もある程度は楽に行けます。あとは僕の腕さえあれば・・・

出場したレースをは下記です。

f:id:h100424:20210415223603j:image

f:id:h100424:20210415230316j:image

JNCC爺ヶ岳

爺ヶ岳は大雨の後だったので超マディ!ほぼハードエンデューロでした・・・

つるつるした砂利や沼のようになった路面でしたが、車体は難なく超えていけることがわかりました。が、乗り手の能力が足りず上手く前に進めず・・・90分で1週しかできませんでした(笑)

f:id:h100424:20210415223857j:image
f:id:h100424:20210415223853j:imagef:id:h100424:20210415230529j:image

ハッピーエンデューロ大阪

オフロード乗りにはおなじみの雑誌 ダートスポーツが主催している大会です。120分に友達2人でリレー組んで出ました。

正直レベル間違えました(笑)難易度なかなかで難しかったですけど楽しかったです。

 

f:id:h100424:20210415224356j:imagef:id:h100424:20210415224359j:imagef:id:h100424:20210415224404j:image

JNCCサザンハリケーン

このころになるとかなりオフロード走るのに慣れてきました。あと阪下走るのにも慣れてきたっているのもあるのでしょうか、かなり楽しく走れました(笑)

 

f:id:h100424:20210415230454j:image

f:id:h100424:20210415224538j:image

キャラバンも手に入ったので、これからどんどん色んなレースに出場しようと思います。ちなみに・・・

キャラバンにはこうやって積んでいます。

床に4か所ほど荷掛けをつけたのでそれに括り付けています。

 

〇維持費

維持費なのですが・・・結構かかります(笑)

僕の場合、ツーリングによく行くのですぐオイル交換になります。

基本的に2STのEXCは1レースでオイル交換・道路1000㎞以内でギヤオイル交換

そして1L3000円クラスの2stオイルを定期的に入れないといけません。

また、ガソリンはハイオク指定。これは大体月7000円くらいの液体代です。レースで故障したらパーツ交換と結構出費が必要です。

僕はレースでラジエターやチャンバーをやってしまい、修理費は10万をこえています。

そう考えるとなかなか高いっす・・・ やっぱりレーサー専業にすればもっと安くできるかもしれませんが、やっぱり林道も行きたいので・・・頑張って稼がなきゃ・・・

 

〇総評

買ってよかったです!(笑)

レーサーを買うのに躊躇していましたが、やっぱりいいものはいいですね!

これから買う方は是非参考にしていただければと思います。

f:id:h100424:20210415230514j:image

 

 

 

 

備忘録 うつ病になりました。

備忘録 うつ病になりました。

 

気がつけば4月

時間が経つのは早いですね。社会人3年目&2021も3分の1を迎えてたわけですから・・・

 

さて、今回の記事は個人的な備忘録です。

うつ病になりました。

何でこうなったかというと・・・まぁ仕事が原因です。

この体験をしっかり文章に残して後の人生の中で迷いがあっても・思い出さなければいけない状態になっても大丈夫なように書き起こしておこうと思います。お付き合いください。

 

原因を遡ると去年の4月までになります。

僕の仕事はかなりの大手に入り製品の設計評価部隊に配属されました。就職活動では賓館や試験関係ができる部署がいいと言って入ったので設計という点をのぞいては希望通りでした。

そして、4月に組織変更によってその部署が縮小されることになり、僕はそのまま設計部隊の方に流れることになりました。ここからが地獄でした。

設計部隊は慢性的な人員不足・時間不足などが問題になっていました。僕が流れ着いた場所は今まさに新製品の開発によって多忙を極めていました。故に新人なんて教育している暇もない。そんなところでした。

僕は設計部隊に配属とはなりましたが、一部部品の設計を持ちながらも開発設計段階の試験を任されることになりました。(正直新人にしては異例・荷が重すぎました)

たかが1年評価部隊にいただけなのでスキル不足もあり到底全てできるものではありませんでした。それを直属の上司に伝えたのですが

「金をもらっているならプロとしてやり遂げてもらわないと困る。」

「任せたからにはやりな」

という感じでした。やり方もわからない・サポートもないため、前の部署の方にサポートをいただきながら何とか進めていきました。感謝しかないです。

 

設計ではあまり教えていただけない中で図面を描き、怒られ修正を何度もしながらもギリギリでやっていきました。ただ、その中でも教えて欲しい・情報を欲しいと言っても無視されたりなどありました。

評価はなんとか色んな人からツギハギに教えてもらった方法で100台以上の試験・200回以上の試験を派遣さんと分担しながら行いました。

毎日11時に帰宅し、寮食は時間外なのでカップラーメンをすすって速攻で寝る。そんな生活です。

それが大体4〜8月くらいのことです。ここから寝れなかったり憂鬱な時間が増え、心と体が壊れ始めました。

 

設計の仮説を立証するための評価をマネージメントするという立ち位置に必然的になっていたのですが、これは試験規格に乗っ取って評価を行う人と設計者との中間の立ち位置でした。

当然、両方から色々言われます。

評価者からはココがだめになった。設計へ取次を・・・ この試験を行うためにこの情報を他部署から引き出してきて欲しい。これを予算で購入して欲しい・・・

設計者からは何故ダメになったんだ。試験に問題があるのではないか?そもそも規格としてこれは直さなくても大丈夫なのではないか(いいものを作るために、些細な情報も設計者に伝えていました。これは設計の中でこの問題は知らなかったなどの行き違いをなくすためもあります。)なぜ直さなくていい発想になるのか・・・

まさに板挟みでした。そして当然ながらその製品の有様から上司からの圧力も強くなり・評価試験も段階をふむごとに遅延していきました。

その度に「遅れているのをどうにかしろ」「この評価試験を全てに差し置いて先に行ってほしい」などと限界で回している中で注文が入ってきます。

また、各部品設計者たちもうまくいかない・遅延などに腹が立ったりとギスギスしていました。

僕は昔から話しやすい人間と言われることが多いのですが、色んな設計者・評価者から愚痴やストレスを語られるのです。最初は何とも思わなかったのですが、だんだん過激になる人もいて、僕のやり方はなっていない。手際が悪い。お前のせいでまともに日程がこなせなかったらどう責任をとるんだ。などと1時間ほど残業中の部屋の壁に追いやられて説教を受けたりしました。

9〜12月の間に一気に環境がさらに悪化していきました。

その間も残業・休日出勤・カップ麺生活をしており、心は「いつこの場から逃げ出せるのか?」「死にたい」と考える時間が増えました。

体も重く、何となく力が入らない時間も増え・体重も6kgほどおちました。

 

2021年に入ってからです。

電車で会社が近づくたびに吐き気がするんです。

頭が痛かったり・すーーーーっとお腹が痛かったりするんです。

体にブツが増えたり、呼吸をすると胸が痛いんです。

病院に行っても原因は不明でした。

そして寝てもすぐ目が覚める。1時間ごとに時計を確認して仕事へ行く時間までのカウントダウンをしてしまう。

心の方も。もう趣味のことなんか考えれない。ゴミをゴミ箱に捨てる。こんな当たり前のことですら何となくやる元気がないんです。物を元に戻すことすら億劫で、また「死にたい」と考える時間の方が増えました。実際に首を閉めようともしました。死ぬ勇気なんてなかったので閉めてもすぐ緩めちゃいましたが。

仕事も失敗が増え、さらに無理難題も降りかかり、きつい言葉をかけられることも増えました。

 

2月の半ばです。

朝目が覚めて亡霊のように出社しようとしたのですが完全に体が動かなくなりました。

年休を取得し、丸一日ベットの上から動く元気がありませんでした。

本当に、糸が一本プツンと切れたような、それまで何とか繋がってたものが壊れたようになりました。

その週は在宅などを利用して働いている程で心を落ち着かせ翌週出社しましたがもう体が限界と拒否反応を示しているのは明白でした。

 

その日の仕事はふらふらと、辛さが滲み出ていたのか、元配属先の係長とすれ違った際に係長から「大丈夫?辛かったら一旦向こうの誰もいないところで話しをきこうか?」といってくれました。

 

元上司の係長には泣きながら今まで辛かったこと・体調的に限界を迎えたこと、全て話しました。係長も側から見ていてそれを感じていたらしく、他部署の人間ながら僕が一旦休業できるように動いていただけました。

また、会社もそうなると動かざるをえず、産業医の立ち会い・病院などの紹介をし結果として重度に近いが、今後を考えて抗うつ状態ということで診断書をいただきました。

 

救いの1枚でした。

f:id:h100424:20210412233611j:image

その紙一枚で僕は即休業となり、地元香川で療養となりました。

 

療養期間中、色んな友人恩師からご心配の声をかけていただき、感謝の限りです。

 

正直、鬱は治りきりませんでしたが、4月1日からの復帰が望ましいとして、診断書をいただき現在は復職しております。

ただ、向精神薬は飲み続けないといけないようです。あくまで今復帰しマトモに見えている僕は薬のおかげで成り立っているのです。

職場はその助けていただいた係長のもとで働くことになりました。

 

ただ、復帰の際の面談で課長の話を聞いた感じでは、また一定期間経てば元の地獄へ戻されそうな雰囲気です。会社とはなんて怖いところなんでしょう。

 

 

これからどうしようか、悩んでいます。

仕事は人生のための道具として考えたい。仕事に殺されかけるのはもう嫌です。

新しい環境を目指して動くべきだとは思っています。自分の幸せは仕事なんかに邪魔されない、そんな生活が憧れです。それを追い求めてもいいのでしょうか?

また、進捗があればココに記載しようとおもいます。

 

 

今苦しんでいる人に言えるのは、、、苦しかったら助けてくれそうな人が近くにいるなら是非助けてと言ってください。仕事で死んじゃダメです。僕はその係長に声をかけていただけなかったら、本当に自ら命を立っていたと思います。

今本当に苦しんでいる人がもしこの記事を読んでいたら、手遅れになる前に、是非解決に導いてくれる人に助けを求めて欲しいです。

 

以上備忘録でした。

また色々思うことがあれば追記するかもしれません。その時はよろしく。

キャラバンでバンライフ始めました。

皆さんコロナに負けずに日々過ごしていますでしょうか?

僕はコロナには負けていませんが、ブラック職場に負けそうです。どうも、倫てるです。

4ヶ月ブリの更新になりますね〜、お久しぶりです。

前回更新したのは確か夏だったかと思うのですが・・・・気がつけばもう11月も半ば。

寒いです‼︎ 季節が回るのも大概早いっすね。体が置いていかれてますよ。

 

さて、今回も自慢をたらたら書くだけの記事になります。ご了承を!

f:id:h100424:20201116231559j:image

ドデカいキャラバン手に入れちゃいました!

やっぱりレーサーを手に入れたら必然的にトランポ も必要になってくるので・・・

経緯としては、今年の1月にKTM 250XC-W TPIを手に入れたのでサンデーレースに参加したり、コース走行を楽しんでいたのですが、走れば走るほど思うことが。

「あ・・・自走で遊ぶのキッツい・・・」

やっぱり完全にレーサーなので、ジェベルのようにはいきません。香川に帰ってコースに行くにせよ軽トラ借りないといけないし、大会に出るのに先輩のトラックに相乗りさせていただいたりと、まぁ〜自立ができていませんでした。なのでゴールデンウィークあたりからずーーーーっとトランポ が欲しいと車探しをしてました。

狙うはピックアップトラック‼︎ 予算100万でTOYOTA HILUXかNISSAN DATSUNのシングルキャブです!と・・・色々調べたりしてたんですが、大阪は排ガス規制で尽く登録不可なものばかり。登録できるものも100万を優に超えていて買えないなぁと諦めていました。

まぁ、そんなこんなで諦めていたお盆前、よくお買い物に行くバイク屋さんがトランポ を販売するということで見に行くと今の僕にはかなり好条件なものが・・・

悩みに悩んで購入しちゃいましたよね・・・笑

f:id:h100424:20201116231738j:image

超格安でした。車検込み60万です。その代わり外装はそこそこキてます。一部サビも浮いてたり・・・

内装ですが、コラムシフトATなので前列がベンチシートで3人乗り、リアが2名席と補助席が2つで4人乗りです。めっちゃ人乗るやん笑 ただし、人権がある席は運転席と助手席だけです。他は人が乗るにしては少し窮屈ですね。

f:id:h100424:20201116231759j:imagef:id:h100424:20201116233047j:image

f:id:h100424:20201116233140j:image

さて、気になる積載スペースですが、かなり広いです。そして天井が高い分開放感があります。

初心者の僕でもバイクが簡単に積めちゃいました!しかもかなり余裕があります。こんだけ広ければバイク二台にその他道具を積んでレースに出るのが余裕です!

f:id:h100424:20201116231832j:imagef:id:h100424:20201116233018j:image

てなわけで2台積むとこんな感じ。KTMとSUZUKI DR350モタードですがTLRくらいならまだ積めそう。最高か?

積載量はミニバンとは別次元です。また、ピックアップトラックと違って雨晒しにならないのがいいところですね!デメリットはデザインが僕の感性とあまり合わないと言ったところかな?笑 もう少しいい感じでレトロだったらなぁ。

で、トランポ としてはかなり優秀なキャラバンくんですが、僕の理想としてはキャンプにも積極的に活用したいんですよね。趣味の缶詰的な、そんな空間にずっと憧れていたので、内装をいい感じにしたいと思ってます。

f:id:h100424:20201116232820j:imagef:id:h100424:20201116232832j:image
f:id:h100424:20201116232944j:image

現状はこんな感じ。まぁ、いい感じの空間にはなったかな?

僕は今会社の狭い独身寮で暮らしていて、バイクの整備も道具もできない環境に身を置いているので、いずれはキャラバンの中で軽作業をしたいなとは思っています。とりあえず今は寮に持ち込み禁止の工具類を車に詰め込んでいます。

 

さぁ、これで遊びの空間も広がったことですし、これからはもっと積極的に遊びに出かけようと思っています。今週末は何処に行こうかなぁ〜